ニュース
» 2020年07月01日 06時30分 公開

車載電子部品:電子部品のメッキ処理をスタンプ式に、廃液とCO2排出を大幅削減

トヨタ自動車は2020年6月30日、電子部品の製造で基板に金属の皮膜を形成するメッキ処理工程において、必要な部位にのみスタンプを押すように処理を施す技術を開発したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2020年6月30日、電子部品の製造で基板に金属の皮膜を形成するメッキ処理工程において、必要な部位にのみスタンプを押すように処理を施す技術を開発したと発表した。ミカドテクノスや兼松と協力し、この新技術を生かしたメッキ処理装置を製造、販売することも決まっている。7月1日から販売を開始する。

 現在の手法では、銅やニッケルなどのメッキ溶液に処理を施す部品を丸ごと浸す工程が必要だ。メッキ処理前後の基板の洗浄なども行うため、基板を浸せる大きさの水槽が多数必要になる。このため、メッキ溶液を大量に使用することに加えて、空気中に飛散する有害成分の除去や大量の廃液の処理などで大掛かりな工程となることが課題となっていた。

 新技術ではこの工程を省略するため、廃液量が30分の1、排出されるCO2は3分の1に削減できる。また、メッキ処理の時間短縮や工程のコンパクト化にも貢献する。スタンプ式メッキ処理装置は、装置先端のヘッド上部にメッキ溶液が入っている。ヘッド先端には金属イオンを通す固体電解質膜を装着しており、メッキ処理が必要な部位にヘッド先端の固体電解質膜を圧着して電気を流すことで金属皮膜を作る。

新技術を採用した設備と既存の設備の比較(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
新技術によるメッキ処理の仕組み(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 トヨタ自動車はスタンプ式メッキ処理に関する特許とノウハウを真空プレス装置メーカーのミカドテクノスに供与する。ミカドテクノスは独自技術も織り込んで装置を製造し、兼松を通じて販売する。今後2〜3年でモニター装置として販売し、複数の企業で実証や評価に使ってもらい、2023〜2024年ごろから実用装置として広く販売し、普及につなげる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.