デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2020年07月03日 13時00分 公開

CAEニュース:最適設計支援ソフトウェアに応答曲面法とマルチスレッドを搭載

サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェア「Optimus 2020.1」の提供を開始した。新たに、応答曲面法とマルチスレッドによる応答曲面モデル作成機能を搭載することで、モデル精度と作業効率を向上した。

[MONOist]

モデル精度が向上した最新バージョン「Optimus 2020.1」

 サイバネットシステムは2020年6月17日、最適設計支援ソフトウェア「Optimus(オプティマス)」の最新バージョン「Optimus 2020.1」の提供を開始した。グループ会社のNoesis Solutionsが開発し、サイバネットが販売、サポートを手掛ける。

 Optimusは、構造、熱、流体、電磁場、音響など広範な分野で解析の自動化、最適化を支援するソフトウェア。自動車、航空宇宙、精密機械業界などにおいて、CADやCAEを使用した開発プロセスの効率化と品質の向上に貢献する。

 Optimus 2020.1は、新たに応答曲面法「Multi-Fidelity Kriging(マルチフィデリティ クリギング)」とマルチスレッドによる応答曲面モデル作成機能を搭載することで、モデル精度を向上させた。また、GUIを刷新し、最適化プロセスの各フェーズで操作性を高めた。

 応答曲面モデルの精度は、データの精度と数に左右される。Multi-Fidelity Krigingは、精度のやや劣る多くのデータを融合することで応答曲面モデルの精度を高め、モデル作成にかかるコストを削減できる。さらに複数の処理を平行して進行させるマルチスレッドにより、応答曲面モデルの作成を高速化する。

応答曲面モデルのイメージ図 応答曲面モデルのイメージ図 出典:サイバネットシステム
Multi-Fidelity Krigingがモデル精度を向上 Multi-Fidelity Krigingがモデル精度を向上(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

 新たなGUIは、自動化、統合化、最適化、ポスト処理の作業フローに従って機能を整理。作業フェーズごとに必要なアイコンを配置し、必要な機能に素早くアクセスできるようになった。

GUIを刷新し作業性を向上 GUIを刷新し作業性を向上(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

 さらに、ダイレクトインタフェースに電気モーター設計ソフトウェア「モーターCAD」を新たに搭載。モーターCADとのシームレスな連携により、モーターの形状や性能を評価するコンセプト設計から最終的な電気機械の詳細設計に至るまでを統合環境で最適化できるようになり、設計期間の短縮に貢献する。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.