ニュース
» 2020年07月03日 06時30分 公開

3Dプリンタニュース:Formlabs、ゴムやTPUを模したエンジニアリングレジンを発表

Formlabsは、ゴムやTPU(熱可塑性ポリウレタン)を模したエンジニアリングレジン「Flexible 80A Resin」と、同素材が属する素材ファミリー「Flexible and Elastic Resins」を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 Formlabsは2020年7月2日、ゴムやTPU(熱可塑性ポリウレタン)を模したエンジニアリングレジン「Flexible 80A Resin」と、同素材が属する素材ファミリー「Flexible and Elastic Resins」を発表した。

Formlabsは、新たなエンジニアリングレジン「Flexible 80A Resin」と、同素材が属する素材ファミリー「Flexible and Elastic Resins」を発表した Formlabsは、新たなエンジニアリングレジン「Flexible 80A Resin」と、同素材が属する素材ファミリー「Flexible and Elastic Resins」を発表した ※出典:Formlabs [クリックで拡大]

高性能で使いやすいソフト素材のライブリを拡張

Flexible 80A Resinを用いた造形サンプル Flexible 80A Resinを用いた造形サンプル ※出典:Formlabs [クリックで拡大]

 Flexible 80A Resinは、既存の「Flexible Resin V2」を再調合したエンジニアリングレジンで、ショアA硬度50の特性を有し、ゴムやTPUの柔軟性を再現する。また、Flexible and Elastic Resinsファミリーの中で最も柔軟性と強度のバランスに優れ、繰り返し使用しても、曲げやたわみ、圧縮に耐えられるという。ハンドルやグリップ、シール、ガスケット、マスクなどの他、緩衝材、あるいは靱帯解剖学(軟骨や腱)などでの利用に最適だとしている。

 Flexible and Elastic Resinsファミリーは、シリコン、ウレタン、ゴムパーツのアウトソーシングおよびモールディングに代わるアプローチとして、フレキシブルパーツの短時間での自社生産(3Dプリンティング)を支援する、高性能で使いやすいソフト素材ライブラリを取りそろえた素材ファミリーである。

Elastic 50A Resinを用いた造形サンプル Elastic 50A Resinを用いた造形サンプル [クリックで拡大]

 今回発表されたFlexible 80A Resinの他にも、「Elastic 50A Resin」(旧:Elastic Resin)が、Flexible and Elastic Resinsファミリーに属する。Elastic 50A Resinは、Flexible 80A Resinと同じくショアA硬度50の特性を有し、同社素材の中で最も軟らかいエンジニアリングレジンとなる。シリコンを用いて製造されるパーツのプロトタイピングに最適だという。また、曲げ伸ばしや圧縮に強いため、素早く元の形状に復元させる必要のあるパーツなどにも適用可能である。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

関連キーワード

3Dプリンタ | SLA(光造形法)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.