ニュース
» 2020年07月08日 07時30分 公開

FAニュース:加工技術やICTソリューションを訴えるグローバルソリューションセンターを新設

シチズンマシナリーは2020年7月7日、同社の最先端の加工技術やICTを活用した「alkapplysolution」を組み合わせたソリューションを訴求する施設「グローバルソリューションセンター」を軽井沢本社内に新設したと発表した。

[MONOist]

 シチズンマシナリーは2020年7月7日、同社の最先端の加工技術やICTを活用した「alkapplysolution」を組み合わせたソリューションを訴求する施設「グローバルソリューションセンター」を軽井沢本社(長野県御代田町)内に新設したと発表した。

photo 「グローバルソリューションセンター」の様子 出典:シチズンマシナリー

 新設した「グローバルソリューションセンター」は、シチズンマシナリーが蓄積した技能と最先端の加工技術、alkapplysolutionなどのICTを融合させたソリューションを紹介し、ユーザーの課題解決を進める施設として設立した。

 本社工場の一部を改修したスペースにシチズンマシナリーの主力工作機械26台を設置。以前から行っていたテストカットに加え、加工技術の学びの場として実機6台を使用したNCスクールエリアも用意した。また、オンライン会議システムを活用したテストカットの立ち会いやNCスクールも実施するという。

 「グローバルソリューションセンター」は、国内外8カ所のソリューションセンターやテックセンターの中心的な位置付けとなる。LFV(低周波振動切削)などの先進技術に加え、レーザー加工など世界各地の拠点が開発した事例なども紹介する。また、各拠点とWebカメラやスマートグラスを使ったオンラインでの加工技術支援や情報共有なども行う。

 2020年7月中旬には、Webサイト上でグローバルソリューションセンターに設置した機械の紹介や、加工動画の閲覧ができる「オンライン・グローバルソリューションセンター」を開設予定としている。今後グローバルソリューションセンターが企画する各種イベントについても、オンラインコンテンツとして展開する。さらに、alkapplysolutionの稼働監視システムなどICTを活用した、次世代の部品加工工場を体感できるモデルファクトリーの設置も予定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.