ニュース
» 2020年07月10日 07時00分 公開

FAニュース:温室効果ガスの使用量を約14%低減した新型ガス絶縁開閉装置

日立産機システムは、メンテナンス性を向上させた「新型72/84kVガス絶縁開閉装置」を2020年7月1日に発売する。シンプルな構造と最適な収納機器レイアウトで、温室効果ガスの使用量を約14%低減した。

[MONOist]

 日立産機システムは2020年6月17日、メンテナンス性を向上させた「新型72/84kVガス絶縁開閉装置(新型GIS)」を同年7月1日に発売すると発表した。受変電設備の安定運用と温室効果ガス削減により、持続可能な社会に貢献する。

キャプション 「新型72/84kVガス絶縁開閉装置」 出典:日立産機システム

 ガス絶縁開閉装置は、大規模な工場など大量の電力を使用する施設に設置する受変電装置。断路器や遮断器などを金属製の密閉容器に収納し、絶縁性能や消弧性能に優れた六フッ化硫黄ガスを充填する。

 新型GISは、新たに開発したハイブリッド形遮断器の採用と機器の最適なレイアウトにより、六フッ化硫黄ガスの使用量を従来機比で約14%低減した。ハイブリッド形遮断器は、永久磁石と電磁石を組み合わせたシンプルな構造で、電動ばねを用いた操作機構に比べて部品点数を約85%削減している。また、全ての摺動部を固体潤滑を採用したグリスレス機構にすることで、定期的な注油が不要になった。

キャプション 従来型と新型の保守比較(クリックで拡大) 出典:日立産機システム

 ガス絶縁開閉装置は、不具合が生じると施設の設備に電気が供給されず、甚大な影響を及ぼす。新型GISは故障発生率を低減し、電力を安定供給するとともに、温室効果ガス削減により持続可能な社会に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.