ニュース
» 2020年07月10日 06時30分 公開

組み込み開発ニュース:MCU向けのQtがμITRON4.0に対応、最新のバージョン1.3もリリース

The Qt Companyは、マイコン(MCU)上で動作するユーザーインタフェース(UI)を開発するためのグラフィックスツールキット「Qt for MCUs」が、日本の製造業で広く利用されているリアルタイムOSカーネル仕様「μITRON4.0」に対応したと発表した。

[朴尚洙,MONOist]

 The Qt Companyは2020年7月7日、マイコン(MCU)上で動作するユーザーインタフェース(UI)を開発するためのグラフィックスツールキット「Qt for MCUs」が、日本の製造業で広く利用されているリアルタイムOSカーネル仕様「μITRON4.0」に対応したと発表した。

 μITRON4.0ベースのリアルタイムOSを組み込んだMCUを用いて、Qt for MCUsのポーティングおよびデモ実行に向けたカスタマイズを行い、既に公開されている「FreeRTOS」版と同等のパフォーマンスの実現を確認している。「日本の製造業にQt for MCUsを活用してもらえるように対応を進めた」(The Qt Company)という。

「μITRON4.0」に対応した「Qt for MCUs」によるUIのイメージ 「μITRON4.0」に対応した「Qt for MCUs」によるUIのイメージ(クリックで拡大) 出典:The Qt Company

 また、同年7月8日(現地時間)にはQt for MCUsの最新バージョンとなる「Qt for MCUs 1.3」もリリースしている。Qt for MCUsは2019年12月にバージョン1.0をリリースした後、2020年4月に同1.1、同年6月に同1.2と短期間のうちに更新し機能向上を続けている。

 Qt for MCUs 1.3では、MCU向けの軽量グラフィックスエンジン「Qt Quick Ultralite」向けに記述されたQML(Qt Modeling Language)コードについて、Qt5シリーズで最後のリリースかつ長期サポート版となる「Qt 5.15 LTS」との互換性を確保したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.