ニュース
» 2020年07月13日 13時00分 公開

メカ設計ニュース:機械加工品調達オンデマンドサービスがFA切削プレート加工材質種を拡大

ミスミグループ本社は、製造業向けのオンデマンド部品調達サービス「meviy」のFA切削プレート加工材質種を拡充した。新たに5種を追加し、計7種の樹脂材加工に対応。樹脂材質需要を約7割カバーする。

[MONOist]

製造装置向け切削プレートの樹脂材質需要カバー率が約7割に

 ミスミグループ本社は2020年6月26日、製造業向けの部品調達サービス「meviy(メヴィー)」のFA切削プレート加工材質種を拡充した。新たに5種追加したことで、計7種の樹脂材加工に対応。製造装置向け切削プレートの樹脂材質需要カバー率を約7割に広げた。

 meviyは、設計データをアップロードするだけで、AI(人工知能)が価格と納期を即時に回答し、最短即日で出荷するオンデマンドサービス。樹脂材はこれまでPOM、MCナイロンを提供しているが、紙ベークライト、ABS、超高分子量ポリエチレン、ふっ素(PTFE)、PEEKの取り扱いを新たに開始した。いずれも耐熱性、耐摩耗性、耐薬品性に優れ、医療機器や食品業界の装置部品に対応する。

新たに追加したFA切削プレート加工材質種 新たに追加したFA切削プレート加工材質種(クリックで拡大) 出典:ミスミグループ本社

 紙ベークライト(自然色)は、電気を通しにくく耐熱性に優れ、電気機器やプリント配線基板、絶縁用途などの各種部品に利用できる。ABS(自然色)は、試作品、各種外装、筐体、機構部品類などに適する。変形しづらく、加工性、耐衝撃性に優れ、接着が可能だ。

 超高分子量ポリエチレン(乳白色)は、食品衛生法適応品として活用されており、食品産業機械や搬送装置のこすれ合う部品などに利用できる。ふっ素(白)は、高い耐薬品性、耐熱性、耐摩耗性を持ち、医療機器部品、食品関連部品、半導体、液晶関連部品、実験器具などに利用できる。

 PEEK(灰褐色)は、250℃の高い耐熱温度を特徴とする。耐薬品性、耐摩耗性、機械的強度などバランスの取れた材質のため、電気電子部品、自動車部品、各種精密機器部品、半導体、液晶製造装置部品などに対応する。

 サイズ領域は、縦10〜600mm、横10〜400mm、高さ5〜60mm。最短で、6日目に出荷できる。

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.