ニュース
» 2020年07月13日 09時00分 公開

製造ITニュース:工場で従業員同士が安全な距離を保って作業できるよう支援するソリューション

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、従業員間の距離を継続的に測定し、その情報をリアルタイムで視覚的に示すソリューションを発表した。従業員同士が必要な距離を保ちつつ、安心して作業できるよう支援する。

[MONOist]

 シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは2020年6月4日、製造業などの従業員同士が必要な距離を保ち、安心して作業できるよう支援するソリューションを発表した。

 新型コロナウイルス感染症が広がる中、製造業界では生産性を維持しながらも、従業員間の距離の確保など、感染対策に気を配る必要がある。 

 同ソリューションは、同社のSIMATICリアルタイム・ロケーティング・システム(RTLS)を用いて、従業員間の距離を継続的に測定し、その情報をリアルタイムで視覚的に示す。

 具体的には、個人用防護具として従業員が装着するバッジに、SIMATIC RTLSのトランスポンダーを組み込む。全業務工程に配置したRTLSレシーバーが従業員の動きを追跡、記録し、従業員同士の間隔が一定の距離未満になると、装着したバッジに警告が表示され、注意を促す。レシーバーが長期間収集したデータを分析し、高リスクの状態が発生しやすい「ホットスポット」を特定するといったデータ活用も可能だ。

 さらに、同社の他のソリューションと組み合わせることで、万が一、現場で従業員の感染が確認された場合は、迅速に包括的な接触解析ができる。感染した従業員の移動経路や接触を視覚化して、濃厚接触者へ直ちに通知したり、消毒が必要な箇所のみ清掃したりと効率的な対応が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.