ニュース
» 2020年07月13日 06時00分 公開

電気自動車:ホンダがCATLに1%出資、新エネ車向け電池の安定供給へ

寧徳時代新能源科技(CATL)とホンダは2020年7月10日、中国政府が普及を進めている新エネルギー車(NEV:New Energy Vehicle、新エネ車)用電池に関する包括的なアライアンス契約を締結したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 寧徳時代新能源科技(CATL)とホンダは2020年7月10日、中国政府が普及を進めている新エネルギー車(NEV:New Energy Vehicle、新エネ車)用電池に関する包括的なアライアンス契約を締結したと発表した。

 2022年からホンダの中国生産モデルでの搭載を予定しており、将来的なグローバル展開も検討する。バッテリーのリサイクルやリユースに向けたスキーム構築でも協力を協議する。また、ホンダはCATLの第三者割当増資の引受を行うことにより、CATL株の約1%を取得する。出資によって、ホンダは競争力の高いバッテリーを安定的に確保し、CATLはバッテリーの開発と生産をさらに拡大していく。

 CATLは、中国の地場自動車メーカーの他、トヨタ自動車や日産自動車、BMW、フォルクスワーゲンとも取り引きする。車載用では世界トップシェアだ。電動車を普及させるには、バッテリーの安定供給が鍵を握る。そのため、自動車メーカー各社がバッテリーの調達で複数社と協力するケースが多い。

 また、北米向けのEVでは、ホンダはGM(General Motors)と組む。GMが開発したグローバルEVプラットフォームと独自のバッテリー「Ultium(アルティウム)」をベースにホンダ向けのEV2車種を開発、北米のGMの工場で生産し、2024年モデルから米国とカナダで販売する計画だ。

→その他の「電動化」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.