ニュース
» 2020年07月14日 14時00分 公開

ロボット開発ニュース:生コンからコンクリート気泡を自動消失させるロボットの商用機開発を開始

NejiLawとIHIは、型枠への打設において生コンクリートに変動的慣性力を印加し、コンクリート気泡を自動的に消失させるロボット「CB-zeROBO」の商用機開発を共同で開始した。

[MONOist]

 NejiLawは2020年6月23日、型枠への打設において生コンクリートに変動的慣性力を印加し、コンクリート気泡(CB)を自動的に消失させるロボット「CB-zeROBO(シービーゼロボ)」の商用機開発を、IHIと共同で開始したと発表した。コンクリート打設時に発生する気泡をコントロールし、高品質で高効率なコンクリート2次製品の製造を可能とする。

キャプション 「CB-zeROBO」の完成イメージ(クリックで拡大) 出典:NejiLaw

 CB-zeROBOには、NejiLaw代表の道脇裕氏が提唱する「CB理論」が用いられる。CB理論はCBの生成消失メカニズムに関する理論体系で、CB-zeRO技術として特許権利化されている。

 CB理論では、CB消失のメカニズムが3つに分けて提唱されている。1つ目は、変動的慣性力を印加することで瞬間的に無重力となり、各構成材料の摩擦力がゼロとなることで振動が増加し、コンクリートが安定状態に向かって流下することでCBが上面に浮き上がり、大気中に放出されるというものである。

 2つ目は、変動的慣性力を印加することでCBとコンクリートとの慣性力差が発生し、CBが求める大きさにまで分割されるというメカニズムだ。

 3つ目は、第1、2メカニズムでは消失させることができない、複数の粗骨材によって捕捉されたCBに関するもの。粗骨材の固有振動数に近い、振動数の印加が有効に働く可能性がある。

キャプション CB理論の第1、2メカニズム(クリックで拡大) 出典:NejiLaw

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.