ニュース
» 2020年07月20日 06時30分 公開

3Dプリンタニュース:Formlabs製3Dプリンタ「Form 3」を用いた受託造形サービスを開始

DMM.comは、DMM.make 3Dプリント事業で展開する受託造形サービスにおいて、新たにFormlabs製3Dプリンタ「Form 3」を用いた造形に対応した。

[八木沢篤,MONOist]

 DMM.comは2020年7月16日、DMM.make 3Dプリント事業で展開する受託造形サービスにおいて、新たにFormlabs製3Dプリンタ「Form 3」を用いた造形に対応したことを発表した。

装置販売、レンタルに加え、造形サービスを開始

 これまで同社のDMM.make 3Dプリント事業では、Form 3の装置販売およびレンタルサービスを展開してきたが、新たにForm 3を用いた受託造形サービスをスタートする。

 Form 3は、従来の光造形(SLA)方式とは異なる新たな造形プロセス「LFS(Low Force Stereolithography)」を採用し、高精度な造形を追求したプロフェッショナル向け3Dプリンタである。

 今回、DMM.make 3Dプリント事業が開始したForm 3を用いた受託造形サービスでは、造形素材として「Elastic Resin」(半透明)と「Gray Pro Resin」(灰色)の2種類に対応する。

 Elastic Resinは、柔軟性を備えた半透明の光造形樹脂で、シリコーン製品などのプロトタイプ製作に最適だ。一方、Gray Pro Resinは耐久性に優れ、適度な靭性を備えた光造形樹脂で、プロトタイプから治具製作まで幅広い用途に使用可能だという。

「Elastic Resin」を用いた造形サンプル 「Elastic Resin」を用いた造形サンプル ※出典:DMM.com [クリックで拡大]
「Gray Pro Resin」を用いた造形サンプル 「Gray Pro Resin」を用いた造形サンプル ※出典:DMM.com [クリックで拡大]

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.