ニュース
» 2020年07月28日 15時00分 公開

医療機器ニュース:健康診断結果から6年先の生活習慣病リスクを予測するAIサービスを開始

東芝と東芝デジタルソリューションズは、健康診断の結果から6年先の生活習慣病リスクを予測する「疾病リスク予測AIサービス」の提供を開始した。

[MONOist]

 東芝と東芝デジタルソリューションズは2020年7月13日、健康診断の結果から6年先の生活習慣病リスクを予測する「疾病リスク予測AIサービス」の提供を開始した。

 疾病予測AIサービスは、これまでに東芝グループが培ってきたAI(人工知能)やビッグデータの解析技術、国内外の機関と研究してきたヘルスケアデータマイニング技術を応用したもので、SOMPOホールディングスと共同で開発した。

 1年分の健康診断結果から、糖尿病、高血圧症、肥満症、脂質異常症、肝機能障害、腎機能障害の6つの生活習慣病リスクについて、6年後まで予測する。糖尿病発症リスクの予測精度を調べた結果では、90%以上の精度だった。

 なお、同サービスは、SOMPOひまわり生命保険が同日から開始した契約者向けサービス「Linkx(リンククロス)健康トライ」の機能の1つとして採用されている。利用者は、スマートフォンのアプリケーションから予測結果を確認できる。

キャプション SOMPOひまわり生命保険のサービス「Linkx 健康トライ」の疾病リスク予測画面(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 東芝グループは今後、ヘルスケア関連をはじめ、業界や分野を越えてさまざまな企業と連携し、同サービスを活用していく。また、糖尿病性腎症の重症化予防や心疾患などへのAI活用、食生活の見直しや運動の習慣付けなどを促すソリューションの開発も検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.