ニュース
» 2020年07月29日 07時00分 公開

FAニュース:ロックウェルが買収生かしIPCを拡充、エッジコンピューティングを強化

Rockwell Automationは、産業用コンピュータ製品「VersaView 6300」ファミリーの販売を開始する。ASEM買収により得られた知見を活用し、IPC、HMIおよびセキュアなIIoTなどの機能の拡張、強化を継続する。

[MONOist]

 Rockwell Automationは2020年6月29日、産業用コンピュータやシンクライアント、モニターなどを含む「VersaView 6300」ファミリーの「Allen-Bradley」の産業用コンピュータを同年8月から販売開始すると発表した。

 同社は同年5月のASEM買収に続き、産業用コンピューティング製品のラインアップのレベルアップを表明した。ASEMの培ってきた技術を取り入れることで、産業用PC、ヒューマンマシンインタフェースおよびセキュアな産業用IoT(IIoT)などの機能の拡張、強化を継続する。

キャプション 「VersaView 6300」ファミリー 出典:Rockwell Automation

 ASEM買収により、Rockwell AutomationはイタリアにおけるR&Dやセンターオブエクセレンス、高度な設定可能性とカスタマイズの提供機能を獲得した。ASEMの製品は、食品加工やライフサイエンスにおける洗浄アプリケーションなど、過酷な環境に耐えられるよう特別に設計されている。

 VersaView 6300ファミリーには、産業用モニター、ボックスPC、パネルPC、シンクライアント、リモート接続用製品が含まれる。追加の新製品やカスタマイズオプションは、2021年中に提供する予定だ。

 IIoTコンピューティング機能の一部に位置付けられるVersaView 6300は、IIoTデータをスマートデバイス、マシン、プラント全体の意思決定のために活用できる。特に視覚化とデータ集約の点に優れており、コネクテッドエンタープライズの生産性と効率の向上に寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.