ニュース
» 2020年08月03日 07時00分 公開

工場ニュース:生産と在庫を一元管理できる物流拠点として福島工場に新倉庫を建設

アイカ工業は、化成品を製造する福島工場に危険物立体自動倉庫を新設した。新倉庫を、生産現場に在庫をまとめる「生産立地型拠点」とすることで、拠点間の輸送や複数倉庫への入出庫などをなくして合理化を図り、トータルコストを削減する。

[MONOist]

 アイカ工業は2020年7月1日、化成品を製造する福島工場(福島県鏡石町)に危険物立体自動倉庫を新設し、稼働を開始した。新倉庫を生産現場に在庫をまとめる「生産立地型拠点」と位置付け、拠点間の輸送や複数倉庫への入出庫などをなくして合理化を図り、トータルコストを削減する。

キャプション 福島工場 危険物立体自動倉庫の外観(クリックで拡大) 出典:アイカ工業

 同社はこれまで、製品の消費が多い首都圏近郊に在庫拠点を設置していた(消費立地型拠点)。そのため、製品は迅速に供給できたが、製品を福島工場から倉庫に輸送する必要があった。

キャプション 消費立地型拠点と生産立地型拠点の違い(クリックで拡大) 出典:アイカ工業

 その後、自社配送ネットワークを構築し、福島から東日本エリアへの輸送時間が短縮したため、約7億円を投資して福島に倉庫を新設。2019年10月から建設を開始し、2020年5月末に完成した。福島工場全体の敷地面積は約4万7257m2、自動倉庫は延床面積が約703m2(213坪)、高さ約20mとなる。

 新設した危険物立体自動倉庫には、さまざまな業務を省人化する自動ラック設備を導入している。これにより、出荷業務の効率が向上し、出荷ミス削減も期待できる。

キャプション ラックで保管容量を最大化した、倉庫のイメージ図(クリックで拡大) 出典:アイカ工業
キャプション ボタンを押すと製品を格納(クリックで拡大) 出典:アイカ工業
キャプション 広い荷捌き場(クリックで拡大) 出典:アイカ工業

 また、地震対策として、ラックの揺れを抑える耐震構造を採用している。また、地震が到達する前に設備が緊急停止する、緊急地震速報P波連動自動制御システムを装備。有事の際に、事業継続について検討できる体制が整っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.