ニュース
» 2020年08月05日 08時00分 公開

物流のスマート化:RFIDの効果検証用トライアルキットを使った検証支援サービスを提供開始

大日本印刷は、RFIDの効果検証用トライアルキットとして、リーダーライターとアプリを開発し、業務効率化の効果をPoC概念実証で検証する「DNP RFID導入検証支援サービス」を開始した。

[MONOist]

 大日本印刷は2020年7月8日、ICタグ(RFID)の効果検証用トライアルキットとして、リーダーライターとアプリを開発し、業務効率化の効果をPoC(概念実証)で検証する「DNP RFID導入検証支援サービス」を開始したと発表した。価格は、支援作業と機器貸出の一式で30万円(税別)からとなる。

 同サービスでは、システムと機器の貸し出し、現場でのRFID読み取り環境構築のノウハウを提供する。また、RFIDの読み取りを検証評価する「RFID読取評価アプリ」と、入荷、出荷、棚卸のステータスを管理する「サプライチェーン業務系アプリ」を介して、検証と評価レポートの作成を支援する。

キャプション 据え置き型リーダーライターの利用イメージ 出典:大日本印刷

 RFID読取評価アプリでは、ハンディリーダーライターまたは据え置き型リーダーライターを使用して、RFIDとバーコードとの読み取り速度を比較し、導入効果を試算するためのデータを作成する。他に、RFIDタグの最適な貼付位置や最適なアンテナ設置位置、RFIDを貼付した商品の最適な積み付け方を算出する機能も提供する。

 サプライチェーン業務系アプリは、クラウドを利用して製品の入荷、出荷、棚卸の結果を可視化する。

キャプション 「DNP RFID導入検証支援サービス」構成(クリックで拡大) 出典:大日本印刷

 計画から評価まで一連のPoCを短期間で安価に実施できるようにし、製造や流通、小売現場などへのRFIDの導入を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.