ニュース
» 2020年08月06日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:多次元のセンサーデータに対応した時系列データベースを発表

MODEは、「MODE Core Platform」においてセンサーデータ収集に特化した「時系列データベース」の新版をリリースした。多次元データに対応し、信頼性とスケーラビリティを向上している。

[MONOist]

 MODEは2020年7月9日、「MODE Core Platform」において、センサーデータ収集に特化した「時系列データベース(MODE TSDB)」の新版をリリースしたと発表した。多次元データに対応し、信頼性とスケーラビリティを向上している。IoT(モノのインターネット)分野で利用する多くの計測データを格納できるようになる。

キャプション 「時系列データベース(MODE TSDB)」イメージ(クリックで拡大) 出典:MODE

 今回のアップデートにより、環境センサーなど時系列に1つの計測項目を持つデータだけではなく、3次元の加速度センサーや振動センサーのデータ、GPSの位置情報など2次元時系列データも収集できるようになった。

 安定した稼働のために、構成を従来のマスタースレーブ型から、クラスタ構成の分散システム型へ変更し、ダウンタイムの可能性を低減した。万一ダウンタイムが発生しても、より迅速に復旧できる。

 また、クラスタを増強するだけで、日々増加するデータにも対応できる。これにより、データベースの運用やクエリのパフォーマンスの低下を心配することなく、利用を続けられる。

 MODE TSDBは、MODEソリューションの標準機能として提供しており、既存のプロジェクトでも利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.