ニュース
» 2020年08月06日 06時30分 公開

FAニュース:キヤノンがAGVなど移動ロボット市場に参入、日本電産グループと協業開始

キヤノンは2020年8月5日、「移動ロボットの眼」となる「Visual SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術」を含む映像解析ソフトウェアを協業メーカーに提供することで、自律型AGV(無人搬送車)やAMR(自律走行搬送ロボット)市場に参入することを発表した。第1弾として日本電産シンポと協業し、同社が展開するAGVに映像解析システムを提供する。

[三島一孝,MONOist]

 キヤノンは2020年8月5日、「移動ロボットの眼」となる「Visual SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術」を含む映像解析ソフトウェアを協業メーカーに提供することで、自律型AGV(無人搬送車)やAMR(自律走行搬送ロボット)市場に参入することを発表した。第1弾として日本電産シンポと協業し、同社が展開するAGVに映像解析システムを提供する。

 Visual SLAM技術は、カメラを用いて、撮影された映像から周囲の環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定する技術である。キヤノンでは創業以来、光学技術を中心とした映像技術の開発に取り組んできたがこれらの映像技術に加え、現実世界と3D CGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実)技術の開発で培った周囲の静止物をマーカー代わりにする空間特徴位置合わせ技術(※)によって、高精度な映像解析ソフトウェアの開発を実現したという。

(※)関連記事:キヤノンのMR技術が生み出すコミュニケーションの力とは?

photo Visual SLAM技術による映像解析イメージ。(左)が映像からの特徴点抽出で(右)が自己位置推定による移動軌跡(クリックで拡大)出典:キヤノン

 キヤノンでは、Visual SLAM技術を含むこれらの映像解析ソフトウェアを「Vision-based Navigation System for AGV」として取りまとめ、協業メーカーに提供することで、AGVを含む移動ロボット市場に参入する。第1弾として、日本電産シンポの自動搬送台車「S-CART-V」シリーズに、キヤノンが開発した映像解析システムを提供した。日本電産シンポは、搬送重量100kgタイプの販売を皮切りに、その他の機種についても順次、キヤノンの映像解析ソフトウェアの搭載を進める予定としている。次世代AGVの開発に際し、キヤノンと日本電産シンポの両社工場内で2019年から試作機を運用し、信頼性を高めてきたという。

photo 日本電産シンポが発売する「S-CART-V」(左)とキヤノンが提供した「Vision-based Navigation System for AGV」(右)(クリックで拡大)出典:日本電産シンポ

 キヤノンでは今後、Visual SLAM技術の展開の幅を広げAGVやAMR分野のみならず、清掃、運搬、警備、点検、探査などさまざまな用途で活用されるサービスロボットやドローンに搭載することを目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.