ニュース
» 2020年08月11日 12時00分 公開

メカ設計メルマガ 編集後記:ステイホーム期間、あえて挑戦したアナログ的モノづくり

刺激が足りな過ぎて退屈に感じることもしばしば。

[八木沢篤,MONOist]

この記事は、2020年8月11日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

 リモートワークもすっかり板についてきました。長かった梅雨も、出社する機会が少なかったため、煩わしさをさほど感じずに乗り切ることができました(とはいえ、うんざりするほど長かったですけどね、梅雨……)

 さて、そんなこんなで夏真っ盛り。相変わらず日課の朝の散歩以外は、平日外に出ることがほとんどないので、クーラーの効いた涼しい部屋で快適に仕事をこなすことができています。「このままずーっとリモートワークでもいいかも!」なんて、割と本気で思ったりもしています。ただ、ステイホームな暮らしも刺激が足りな過ぎて退屈に感じることもしばしば。せっかく通勤時間がなくなったのだから、何か新しいことにも挑戦したいなぁと……。

ステイホーム期間、あえて挑戦したアナログ的モノづくり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.