ニュース
» 2020年08月11日 06時00分 公開

電気自動車:GM・キャデラックに初のEV、100kWのバッテリーで走行距離は480km

General Motors(GM)は2020年8月7日、キャデラックブランドで初投入となる電気自動車(EV)「LYRIQ(リリック)」を世界初公開した。EV専用のモジュール式プラットフォームと、容量100kWhのアルティウムバッテリーシステムを採用。バッテリーパックのレイアウトによって、低重心化と、50対50に近い重量配分を実現した。

[齊藤由希,MONOist]

 General Motors(GM)は2020年8月7日、キャデラックブランドで初投入となる電気自動車(EV)「LYRIQ(リリック)」を世界初公開した。EV専用のモジュール式プラットフォームと、容量100kWhのアルティウムバッテリーシステムを採用。バッテリーパックのレイアウトによって、低重心化と、50対50に近い重量配分を実現した。

新型EV「リリック」の外観(クリックして拡大) 出典:GM

 リリックは、キャデラックブランドの電動車ラインアップ第1弾となる。社内テストではフル充電で300マイル(約480km)以上の走行距離を達成した。出力150kW以上の高出力タイプの急速充電や、最大出力19kWの普通充電での充電に対応する。駆動方式は、後輪駆動または全輪駆動(AWD)を設定。後輪駆動によって重量配分を向上させた。AWDモデルは車両前部にセカンドドライブユニットを配置する。

 バッテリーは、NCMA(ニッケル-コバルト-マンガン-アルミニウム)化合物を採用。正極にアルミニウムを使用し、コバルトなどのレアアース素材の使用を低減した。従来のGMのバッテリーと比較してコバルト含有量を70%以上削減したとしている。モジュール構造を可能にする大容量で平面的なパウチ型セルにより、冷却を簡素化する。また、バッテリーの電子回路がモジュール内に直接組み込まれているため、現行のGMのEVと比較してバッテリーパックの配線が約90%削減されているという。

 作動中にステアリングから手を離すことができる運転支援システム「スーパークルーズ」の最新バージョンを搭載する。北米の総延長約20万マイル(約32万km)の高速道路で利用可能だ。

リリックのインテリア(左)と充電口(右)(クリックして拡大) 出典:GM

 近距離と遠方の2種類のAR(拡張現実)表示に対応したHUD(ヘッドアップディスプレイ)や、ドライバーの監視下で行うが乗車を必須としないリモートセルフパーキング、33型の大型ディスプレイによるインフォテインメントシステムなどの新技術も搭載する。

 新開発のロードノイズキャンセリング技術を初導入する。マイクや加速度センサーを追加し、タイヤのキャビティノイズをターゲットにノイズキャンセリングを動作させる。車内のノイズレベルを低減し、静粛さを提供する。音響システムにはAKGのサウンドシステムを採用し、19個のスピーカーが搭載される。

→その他の「電動化」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.