ニュース
» 2020年08月13日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:ICT活用による再資源化プラントの省人化に向けて協業

NECは、石坂産業とスマートプラントに向けた協業を開始した。最新のICTや5Gなどのネットワークを活用し、石坂産業の再資源化処理プラントの省人化、安全な労働環境の構築を推進する取り組みを実施する。

[MONOist]

 NECは2020年7月14日、石坂産業と、スマートプラントに向けた協業を開始したと発表した。最新のICTや5Gなどのネットワークを活用し、石坂産業の再資源化処理プラントの省人化、安全な労働環境の構築を推進する取り組みを実施する。

 今回の取り組みでは、廃棄物処理の現場における課題を解決するため、ICTを活用。廃棄物処理における作業の自動化や遠隔制御などにより、プラントの省人化と労働環境の改善を目指す。

キャプション スマートプラント実現に向けた取り組み案(クリックで拡大) 出典:NEC

 その第1弾として、トラックで搬入する廃棄物の自動容積計測の実験を同月から開始する。これまで人手によって容積測定と等級品目の処理費用を決定していたが、実験ではレーザーセンサーを活用した自動容積技術により、精度を保ちつつ迅速な容積推定を実施する。将来的には、映像による等級品目の分析を組み合わせ、査定の遠隔化、自動化を目指す。

 さらに、今後の取り組みとして、ローカル5Gを活用した重機による廃材処理作業の遠隔操縦や自律運転、プラント処理の映像監視などを検討している。

 この取り組みにおける各社の役割は、NECがAI(人工知能)や遠隔、自律制御技術の導入、ローカル5Gによる大容量データの活用の提案と実証を担当する。石坂産業は、破棄物処理プロセスにおける知見の提供、実証実験のための処理プラントを提供。また、インテルも参画し、同社の最新プロセッサなどさまざまなコア技術を提供して、ローカル5G構築やAI実装を支援する。今後、3社共同による実証実験を続け、2020年度下期以降に順次本格導入を進める予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.