ニュース
» 2020年08月17日 08時00分 公開

組み込み採用事例:全樹脂電池を自律型無人潜水機に搭載する実証実験を開始

APBは、全樹脂電池を川崎重工業の自律型無人潜水機に搭載する実証実験を開始した。同電池は、樹脂構成のためセルの大型化が可能で、積層時のエネルギー密度が高い。また耐水圧性を有し、無人潜水機の動力源としての活用が期待される。

[MONOist]

 APBは2020年7月20日、全樹脂電池を川崎重工業のAUV(自律型無人潜水機)に搭載する実証実験を同月に開始したと発表した。

 全樹脂電池は、APBと三洋化成工業が共同開発したバイポーラ積層型の次世代型リチウムイオン電池だ。樹脂構成のためセルの大型化が可能で、積層した際の高いエネルギー密度を特徴とする。

キャプション 全樹脂電池のケース外観 出典:APB

 耐水圧性も備えており、今回、APBと川崎重工業が共同で開発している耐水圧型の全樹脂電池をAUVの動力源として用いる実証実験を開始することとなった。AUVは深海などで長時間用いられるため、動力源にも高い耐水圧性が必須となる。

キャプション 川崎重工業製AUV外観 出典:APB

 両社は、手始めに川崎重工業の神戸工場内岸壁の試験エリア内でAUVの出力試験を実施する。その後、連続航続距離や充電特性、耐水圧性などについてもAUV実機で確認する計画となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.