ニュース
» 2020年08月18日 06時30分 公開

3Dプリンタニュース:金属フィラメントの販売と脱脂・焼結サービスの提供を開始、ただし法人向け

APPLE TREEは、FLASHFORGE製3Dプリンタ「Adventurer3X」で使用可能な金属フィラメント「ステンレス316L」の販売と、同フィラメントを使用した造形物の「脱脂・焼結サービス」(有償)の提供を開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 APPLE TREEは2020年7月31日、同社が日本総代理店を務めるFLASHFORGE(フラッシュフォージ)のデスクトップ型FDM(熱溶解積層)方式3Dプリンタ「Adventurer3X」で使用可能な金属フィラメント「ステンレス316L」の販売開始を発表した。併せて、同フィラメントを使用した造形物の「脱脂・焼結サービス」(有償)の提供も開始する。

金属フィラメントの提供は法人直販限定

 Adventurer3Xは、従来機種「Adventurer3」の“日本限定モデル”として販売開始された3Dプリンタで、金属フィラメントに対応する他、カーボンファイバー製プラットフォーム、0.3mm小径ノズル、排気フィルターなどを標準搭載する。

 今回提供開始したステンレス316Lは、Adventurer3Xで使用可能な金属フィラメントで、販売価格は1リール3万3000円(税別、重量1000g)だ。フィラメント径は1.75mmで、カラーはダークグレー。法人直販限定での取り扱いとなる。

Adventurer3Xで使用可能な金属フィラメント「ステンレス316L」 Adventurer3Xで使用可能な金属フィラメント「ステンレス316L」 ※出典:APPLE TREE [クリックで拡大]

気になる脱脂・焼結サービスは

 ステンレス316Lで造形した直後のモデルにはバインダーが含まれており、そのままの状態では非常にもろい。金属の造形モデルとするには、出力後のモデルを脱脂、焼結する必要がある。

 ステンレス316Lと同時提供の脱脂・焼結サービスを利用するには、出力サイズは50〜100mm角以内、肉厚は5mm以上、サポート材を必要とせず、オーバーハングの少ない安定した形状を推奨するなど、規定の出力条件に準拠しなければならない(詳細は、同社Webサイト参照のこと)。

 また、焼結処理を施すことにより、元の出力サイズから12%ほど縮小するため、スライサーソフト「FlashXPrint」上でモデルサイズをあらかじめ拡大しておく必要がある。なお、FlashXPrint上で使用するステンレス316L用の設定パラメーターは、フィラメント購入時に提供される。

焼結処理により12%ほどサイズが縮小する 焼結処理により12%ほどサイズが縮小する ※出典:APPLE TREE [クリックで拡大]

 脱脂・焼結サービスは、サイズがX/Y/Z軸方向で200mm以内、総重量1000g以内に収まるモデル(範囲内であれば複数モデルでも可能)を対象とし、サービス利用単価は8万5000円(税別+国際送料3000円)。脱脂、焼結処理は海外工場で行われる。サービス依頼前にメール問い合わせにて、焼結可否の確認と見積もり依頼を行う必要がある。サービス利用の対象は、ステンレス316Lの販売と同じく法人のみで、依頼時にはAdventurer3Xのシリアル番号の提示が求められる。

 なお、今回は法人向けサービスとしての提供となるが、今後、個人向けにも展開する計画だという。

参考1参考2 参考 ステンレス316Lのテスト品を用いて脱脂・焼結を行った造形モデル。薄いグレーのモデルはPLAで出力したもの。銀色の金属モデル(赤色●印)は焼結処理により縮小していることが分かる ※正式ローンチ前のテスト品/サービスを利用しているため、仕上がりや品質が異なる可能性があります [クリックで拡大]

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.