ニュース
» 2020年08月18日 14時00分 公開

車載ソフトウェア:EVの設計から検証を仮想環境で効率化、シノプシスが新ソリューションを発表

シノプシスは2020年8月12日、EV向けの設計、開発、検証のための仮想プロトタイピング統合ソリューションを提供開始したと発表した。パワーエレクトロニクスや車載用ソフトウェアの性能や機能安全の検証が行えるため、開発の効率化につながる。

[池谷翼,MONOist]

 シノプシスは2020年8月12日(米国現地時間)、EV(Electric Vehicle:電気自動車)に搭載する電子部品やソフトウェアの設計、開発、検証のための仮想プロトタイピング統合ソリューションを提供開始したことを発表した。同ソリューションの活用により、車載用部品やアプリケーションが完成する前から、性能や機能安全の検証が行えるため、開発の効率化を図れる。

 仮想プロトタイピング統合ソリューションは、シノプシスが開発した既存の開発ツールをベースに構成されている。ベースとなったツールは、パワーエレクトロニクスなど物理システムの設計やモデリング用のプラットフォーム「SaberRD」と、組み込みソフトウェアの統合開発環境「Virtualizer」、ECU(Engine Control Unit:エンジンコントロールユニット)の仮想開発プラットフォーム「Silver」、車両システムの仮想テスト環境「TestWeaver」の4つである。

 これらのツールをEV開発に最適な仕様にするため、いくつかの機能強化を施した。パワーエレクトロニクス機器やマイクロコントローラー、AUTOSAR(オートザー)コンポーネントのEVモデルライブラリを追加した他、高抽象度や高忠実度な解析を可能にするマルチレベルシミュレーションを搭載した。また、機能安全テストやバリデーション解析、カバレッジ解析、タスクキャリブレーションなどのデバッグや解析、テストを実行する機能に加えて、ツール間接続用のFMI(Functional Mockup Interface)やAPI(Application Programming Interface)にも対応する。

 EVの開発者は仮想プロトタイピング統合ソリューションの活用によって、早期の設計空間探索や電子部品の選定、プロトタイプ製作、モデリングの準備、ソフトウェアの開発と統合、機能安全テスト、プロトコルの安全性検証などの作業過程を効率化し、迅速に開発を進められるようになる。

 シノプシス エンジニアリング担当副社長のトム・デ・シュター(Tom De Schutter)氏は「EV開発に携わる当社の顧客企業は、バッテリー管理システムの最適化や複雑化したソフトウェアの処理、機能安全の確保など、EV開発におけるいくつかの課題を抱えている。こうした課題を解決すべく、当社は仮想プロトタイピング技術の開発に対して長年投資を続けており、開発コストの削減などを実現する、アプリケーションにフォーカスした包括的な開発ソリューションの提供が可能になった」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.