ニュース
» 2020年08月20日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:金属3Dプリントの市場規模予測、2019〜2025年に年平均24.41%で成長

グローバルインフォメーションは、2019年から2025年にかけて金属3Dプリントの市場規模は年平均24.41%で成長するとの予測を発表した。航空宇宙、防衛、ヘルスケア分野、医療関連での堅調な市場拡大が予測される。

[MONOist]

 グローバルインフォメーションは2020年8月5日、同日発売した市場調査レポート「金属3D印刷の世界市場(2019-2025年)」の中で、2019年から2025年にかけて金属3Dプリントの市場規模は年平均24.41%で成長するとの予測を発表した。

COVID-19の影響により医療関連機器開発での利用も拡大

 航空宇宙、防衛、ヘルスケア分野において、高性能ガスタービンエンジンやその構造部品、インプラントなどの開発に金属3Dプリントの技術の利用が拡大している。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、人工呼吸器の部品といった医療関連機器の開発にも利用が広がっている。

 市場規模は、2019年の3億7780万ドル(約400億円)から2025年には7億3880万ドル(約783億円)に達し、年平均24.41%の成長が予測される。

 金属原料は、強度対重量比、耐食性、疲労強度、加工率の高さ、他の合金より経済的との理由からアルミニウム合金が最大のシェアを占め、航空宇宙、防衛、ヘルスケア分野での採用が増加していることから、チタン合金が最速で成長すると予想される。

 原料の形態は、粉末ベースが最大のシェアを獲得するとみられる。造形技術では、経済面と取り扱いやすさ、高い寸法精度への期待から粉末ベッドフュージョンが市場を支配すると予測される。

 市場の成長を阻害する要因としては、金属粉末と業界グレードの3Dプリンタの高コスト、強度の低下、残留応力とクラック、熱の蓄積と酸化、表面仕上げ、多孔性、精度などが挙げられる。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.