ニュース
» 2020年08月19日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:スマートTVや車載システム向け組み込みブラウザの最新版を提供開始

ACCESSは、Chromium Core(80)をベースにした商用読み込みブラウザの最新版「NetFront Browser BE v2.8.0」の提供を開始した。スマートテレビや車載システム、ゲーム機など組み込み機器での利用に適している。

[MONOist]

 ACCESSは2020年7月21日、Chromium Core(80)をベースにした商用読み込みブラウザの最新版「NetFront Browser BE v2.8.0」の提供を開始した。4K、8Kデジタルテレビや車載インフォテインメントシステム、セットトップボックス(STB)、ゲーム機など組み込み機器での利用に適している。

キャプション 「NetFront Browser BE v2.8.0」の使用イメージ(クリックで拡大) 出典:ACCESS

 NetFront Browser BEは、Chromium Blinkエンジンを搭載したHTML5ブラウザで、ハイエンドの組み込み機器のマルチコアCPU、GPUなどのハードウェアリソースを最大限活用できる。

 最新版のv2.8.0では、セキュリティ機能とマルチメディア機能を強化した。Chromium 80をベースとし、最新のセキュリティパッチとコンテンツ互換性を備える。Android、Linux、QNXなどの組み込みOSに対応。セキュアなマルチプロセスアーキテクチャを採用し、悪意ある劣悪なアプリから保護する。また、高信頼実行環境を含むデジタル著作権管理のWidevineやPlayReadyをサポートする。

 同社のメディアプレイヤーAPIにより、サードパーティー製メディアプレイヤーとも統合可能だ。4Kおよび8KテレビやSTB(セットトップボックス)向けAndroidトンネルモードなどのグラフィックスをサポートし、オプションで、HbbTV、Freeview Play、Hybridcast、YouTubeなど国内外のサービスに対応する。

 高レベルのセキュリティとアプリストア「NetRange App Store」との事前統合により、スマートテレビや車載用ブラウザへのセキュアなエンターテインメントサービスの導入を支援する。

キャプション アプリストア「NetRange App Store」と統合(クリックで拡大) 出典:ACCESS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.