製造業×品質、転換期を迎えるモノづくりの在り方 特集
ニュース
» 2020年08月21日 09時00分 公開

製造ITニュース:NECと東レ、製品の品質検査情報をデジタル化する品質データ基盤を構築

NECと東レは、製品の品質検査情報をデジタルデータで収集、共有する品質データ基盤を共同で構築した。人手を介さずに情報が共有できるので、品質保証業務が効率化され、品質検査情報の信頼性も向上する。

[MONOist]

 NECは2020年7月29日、東レと共同で、製品の品質検査情報をデジタルデータで収集、共有する品質データ基盤を構築したと発表した。

 東レでは以前より、工場内のさまざまな検査機器から品質検査情報を自動収集する取り組みを進めてきた。今回、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を活用して品質管理をデジタル化する、NECの「品質DX(デジタルトランスフォーメーション)」の1つ「品質データ基盤」をベースに、東レグループの品質保証体制を強化するための基盤を共同で構築した。

キャプション NECの品質データ基盤が目指すイメージ(クリックで拡大) 出典:NEC

 具体的には、検査機器からデジタルデータとして収集した製品の品質検査情報を保存し、両社が構築した基盤を通してサプライチェーン上で共有する。人手を介さずに情報が共有できるので、品質保証業務が効率化され、品質検査情報の信頼性も向上する。

 同基盤には過去の情報も集約されており、品質の傾向を可視化できる。また、その傾向を顧客と共有すれば、顧客企業はその品質傾向を異常検知などの品質調査に活用できる。

 既に東レグループでは、一部の生産拠点でこの品質データ基盤を導入している。今後は、顧客を含めてグループ外にも共有範囲を広げることで、サプライチェーン全体の品質管理レベルを向上していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.