ニュース
» 2020年08月24日 08時00分 公開

組み込み採用事例:ToFカメラ向けのデモ用アプリを開発、人物や視線をリアルタイム検出

スワローインキュベートは、CIS製ToFカメラ用に同社の「ヒューマンセンシング技術」を搭載したデモ用アプリを開発した。マーケティング、自動車、ロボット、医療、アミューズメント分野での利用を見込む。

[MONOist]

 スワローインキュベートは2020年7月28日、シーアイエス(CIS)製ToF(Time-of-Flight)カメラ用に同社の「ヒューマンセンシング技術」を搭載したデモンストレーションソフトを開発したと発表した。マーケティング分野をはじめ、自動車、ロボット、医療、アミューズメント分野での利用を見込んでいる。

 同デモ用アプリには、本田技術研究所やパナソニック、自社の特許を活用した「人物検出技術」や「視線検出技術」を搭載。カメラから人物までの距離、顔や目の向きから算出した視線方向と視線位置、まばたきカウント、居眠りカウントの4項目をリアルタイムで検出する。

キャプション ToFカメラ×ヒューマンセンシング技術のデモ画像(クリックで拡大) 出典:スワローインキュベート

 可視光センサー、赤外線センサー、Depth(デプス)センサーを同一基板に実装しているため、3データの同時取得による複合的なセンシングに対応する。RGB画像に距離情報を加えることで、「視線のプロット先推定」の精度向上や、「人物の接近度判定」などを可能にしている。

 ToFカメラには「DCC-RGBD1」を採用。アナログフロントエンドにAnalog Devicesの「ADDI9036」を搭載している。大きさは55×50×40mmだ。

キャプション CIS製ToFカメラ「DCC-RGBD1」(クリックで拡大) 出典:スワローインキュベート

 3密回避の「人物カウント」、介護など「見守りシステム」、タッチレス視線操作などの「非接触センシング」に応用できる。今後は、人物の身長推定、体型や体格の定量化、赤外光による瞳孔検出を組み合わせたセンシングの研究を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.