ニュース
» 2020年08月25日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:半導体生産拠点の施設管理を請け負う新会社をNECとソニーが共同で設立

NECファシリティーズとソニーセミコンダクタマニュファクチャリングは、新会社「SSNファシリティーズ」を共同で設立する。新会社は、2020年9月1日からソニーセミコンダクタマニュファクチャリングの半導体生産拠点の施設管理を請け負う。

[MONOist]

 NECファシリティーズは2020年7月27日、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(ソニーSM)と共同で、半導体生産拠点の施設管理を請け負う新会社「SSNファシリティーズ」を設立すると発表した。

 新会社の本社所在地は熊本県熊本市で、資本金は5333万円。出資比率はNECファシリティーズが75%、ソニーSMが25%となる。

 NECファシリティーズは、半導体や電子部品などの生産設備管理に関する実績と専門的な人材、ノウハウを有している。これらを生かし、製造業施設管理の受託会社となる新会社を設立することで、半導体製造領域を中心に事業を拡大する。

 新会社は、2020年9月1日からソニーSMの国内に7カ所ある生産拠点の施設管理や修繕工事、保全工事などを請け負う。委託によって、ソニーSMはクリーンルームなどの施設や設備を安定して維持、管理可能になり、オペレーションの高度化、効率化が図れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.