「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2020年08月28日 10時00分 公開

車載ソフトウェア:キーレスエントリーでBluetoothの車載採用が拡大、車両1台でデバイス10個以上も (1/2)

Bluetooth SIGが自動車市場におけるBluetoothの最新動向について説明。キーレスエントリーなどの用途で需要が急激に拡大しており、Bluetooth搭載自動車関連デバイスの2024年の年間出荷数は、2019年比で22%増の1億900個に達する見込みである。

[朴尚洙,MONOist]

 Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2020年8月25日、オンライン会見を開き、自動車市場におけるBluetoothの最新動向について説明した。従来、自動車におけるBluetoothの用途はカーナビゲーションシステムなど車載情報機器とスマートフォンの間でのオーディオストリーミングやデータ転送にとどまっていたが、キーレスエントリーなどの用途で需要が急激に拡大している。Bluetooth搭載自動車関連デバイスの2024年の年間出荷数は、2019年比で22%増の1億900個に達する見込みである。

Bluetooth搭載自動車関連デバイスの年間出荷数の実績と予測 Bluetooth搭載自動車関連デバイスの年間出荷数の実績と予測(クリックで拡大) 出典:Bluetooth SIG

 スマートフォンではWi-Fiと並んでほぼ標準装備となっているBluetoothは、さまざまな用途で需要を拡大させている。Bluetooth SIGが2020年4月に発表した予測によれば、グローバルのBluetooth搭載機器の年間出荷台数は、2019年の42億台から年平均8%で成長し、2024年には62億台に達し、「BluetoothがIoTの主役になる」と想定している。

Bluetooth SIGのチャック・セイビン氏 Bluetooth SIGのチャック・セイビン氏 出典:Bluetooth SIG

 中でも、自動車市場ではBluetoothの採用がさらに拡大する機運が高まっている。Bluetooth SIG マーケット開発担当シニアディレクターのChuck Sabin(チャック・セイビン)氏は「車載情報機器に採用されてきたこともあり、自動車市場にとってBluetoothは実績ある技術という評価が得られている」と語る。2019年のグローバル自動車販売台数は約7500万台だったのに対して、Bluetooth搭載自動車関連デバイスの年間出荷台数は8900万台だった。これは、平均すれば新車1台当たり1個以上のBluetoothデバイスが搭載されていることになる。

 実際に新車におけるBluetoothの標準装備比率は87%まで向上している。セイビン氏は「この数字は近い将来には100%になるのではないか。また2024年には、道路を走行する自動車の3分の2がBluetoothを搭載し、車載の無線通信技術としてWi-Fiを超える地位を獲得するだろう」と強調する。

自動車市場におけるBluetoothの採用動向 自動車市場におけるBluetoothの採用動向(クリックで拡大) 出典:Bluetooth SIG
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.