ニュース
» 2020年09月01日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:従来比“5倍以上の造形サイズ”を誇る3Dプリンタ「Form 3L」の国内販売開始

Formlabsは、新たな造形方式「LFS」を採用したプロフェッショナル向け3Dプリンタ「Form 3」の“5倍以上の造形サイズ”を誇る新製品「Form 3L」の国内販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 Formlabsは2020年8月31日、従来の光造形(SLA)方式とは異なる新たな造形方式「LFS(Low Force Stereolithography)」を採用したプロフェッショナル向け3Dプリンタ「Form 3」の“5倍以上の造形サイズ”を誇る新製品「Form 3L」の国内販売開始を発表した。大型パーツの造形を必要とする製造業などでの利用を想定する。

 Form 3Lの販売価格(税別)は180万6000円で、国内正規販売代理店を通じて販売される。出荷予定は、2020年第4四半期(10〜12月)からとなる。

「Form 3L」の製品イメージ 「Form 3L」の製品イメージ ※出典:Formlabs [クリックで拡大]

大きくなってもプリント特性や使い勝手はそのまま

 Form 3Lは、2019年4月発表のForm 3と同じく、LFSと呼ばれる新たな造形方式を採用する3Dプリンタで、レーザーとミラーを包含したシステム「LPU(Light Processing Unit)」により、高精度と高速造形の両立を実現する。

大型パーツの造形にも対応する「Form 3L」 大型パーツの造形にも対応する「Form 3L」 ※出典:Formlabs [クリックで拡大]

 2つのLPUを同時使用することで、大型パーツの造形などに対応し、Form 3(LPU×1:145×145×185mm)と比べて5倍以上の造形エリア(335×200×300mm)を確保する。併せて、レジンカートリッジの装填(そうてん)可能数もForm 3の倍となる2本となった。本体サイズは775×520×735mmで、重量は48kg。

 その他、レーザー出力(250mW ※Form 3LはLPUが2つあるので250mW×2)、スポット径(85μm)、積層ピッチ(25〜300μm)などのプリント特性や、多数のセンサーによる稼働状態の監視および異常検知、サポート材の除去作業を軽減するライトタッチサポートといった基本機能はForm 3と同様である。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.