ニュース
» 2020年09月01日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:日本のトイレの電子化マジすげぇ

カーエレクトロニクスならぬトイレエレクトロニクスです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2020年9月1日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


日本のトイレの電子化マジすげぇ

 IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのデジタル技術が脚光を浴びる中で、さまざまな製品にエレクトロニクス技術を組み入れていく「電子化」は、もはや古臭い話かもしれません。

 2011年にドイツで提唱された「インダストリー4.0」の枠組みでみれば、電子化はインダストリー3.0に相当します。そしてこの電子化によって産業規模を大きく成長させたのが日本の製造業です。エアコンなどの省エネで効果を発揮するインバーター制御や、工作機械の精密な制御を可能にするCNC(コンピュータ数値制御)、厳しい排気ガス規制に対応可能なエンジンの電子制御をはじめ、各種製品分野の電子化の進展と日本企業の躍進は同期しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.