ニュース
» 2020年09月02日 07時00分 公開

産業用ロボット:ロボットアームの直接操作で教示する、溶接現場向け協働ロボットシステム

ダイヘンは、溶接現場向けの協働ロボットシステム「Welbee Co-R」を発売する。協働ロボットのアームを直接手で動かして動作を覚えさせる「ダイレクトティーチング」により、初心者でも簡単に教示作業ができる。

[MONOist]

 ダイヘンは2020年8月3日、溶接現場向けの協働ロボットシステム「Welbee Co-R(ウェルビーコアール)」を同月から発売すると発表した。価格は、低スパッタ、延長ケーブル10m仕様の「WB-M350L」が187万円、アルミ、延長ケーブル10m仕様の「WB-P350L」が242万円(各税別)。なお、協働ロボットは含まれない。

キャプション 溶接現場向け協働ロボットシステム「Welbee Co-R」 出典:ダイヘン

 同システムは、独自の溶接ノウハウを凝縮した簡単な溶接教示機能を搭載する。協働ロボットのアームを直接手で動かして動作を覚えさせる「ダイレクトティーチング」により、初心者でも簡単に教示作業ができる。トーチマウントにロック解除ボタン付きの教示ハンドルを設置することで、操作性を高め、細かな位置調整に対応する。

キャプション 「ダイレクトティーチング」で簡単な溶接教示 出典:ダイヘン
キャプション ロック解除ボタン付きの教示ハンドル 出典:ダイヘン

 付属の半自動溶接機用リモコンにより、稼働中でもアークの確認や、溶接電流および電圧の調整ができる。ダイヤル操作のため、アークから目を離すことなく短時間で条件変更が可能だ。熟練溶接技能者が新人に溶接のノウハウを教える、技能伝授ツールとしても活用できる。

 ユーザーインタフェースは、溶接条件の設定画面1ページに必要な機能を分かりやすく集約するなど、初心者でも直感的に使用できる。また、プログラム作成時には、「Welbee Co-R」ボタンをクリックするだけで、溶接開始指示、溶接開始位置、溶接終了位置など10個のコマンドが表示される。各コマンドの説明もあるため、取扱説明書なしで簡単にプログラムを作成できる。

≫「産業用ロボット」のバックナンバーはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.