ニュース
» 2020年09月02日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:デュアルバンド測位に対応、消費電力9mWのGNSS受信LSIを商品化

ソニーは、IoTやウェアラブル機器向け高精度GNSS受信LSI「CXD5610GF」「CXD5610GG」の商品化を発表した。デュアルバンドによる高精度で安定的な測位と、9mWの低消費電力を可能にしている。

[MONOist]

 ソニーは2020年8月19日、IoT(モノのインターネット)やウェアラブル機器向け高精度GNSS(全地球衛星測位システム)受信LSI「CXD5610GF」「CXD5610GG」を発表した。デュアルバンドによる高精度で安定的な測位と、9mWの低消費電力を可能にしている。サンプル出荷は同年9月で、サンプル価格はいずれも1000円(税別)だ。

キャプション 左:「CXD5610GF」、右:「CXD5610GG」 出典:ソニー

 両製品は、従来のL1帯に加えて新方式のL5帯にも対応する。L5帯では、L1帯に比べて信号の単位が10倍細かいことから、高精度で高感度の測位ができる。また、独自の測位アルゴリズムにより、腕振りなどウェアラブル機器特有の動作が加わっても、安定的な測位ができる。

キャプション L1帯信号とL5帯信号の位置誤差比較 出典:ソニー

 さらに、低電圧で動作する高周波アナログ回路技術と、低クロック周波数で動作するデジタル信号処理技術を採用。これらの技術により、デュアルバンド測位における消費電力をCXD5610GFは9mW、CXD5610GGは11mWに抑えた。

 不揮発性メモリを搭載していることで、ファームウェアの格納が可能になり、機器の小型化、低消費電力化やアクセス速度の向上に貢献する。

 CXD5610GFは3.2×3.7×0.5mmのXFBGA-54Pinパッケージ、CXD5610GGは7.0×8.0×1.4mmのLFBGA-72Pinパッケージで提供する。

 GNSS利用時のバッテリー駆動時間を延ばせるため、スマートウォッチなどウェアラブル機器やトラッカー用途などIoT機器のほか、高精度の測位と安定的な通信を必要とする自動車向けサービスでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.