ニュース
» 2020年09月03日 15時00分 公開

医療機器ニュース:子どもが自主的にきちんと歯磨きをするIoTハブラシを発売

ライオンとアスクルは、IoTを活用して子どもの自主的な歯磨きを支援する「クリニカKid's はみがきのおけいこ」のテストマーケティングを共同で開始する。上手に磨けたかは点数で評価し、アプリ上で子ども自身が分かるように可視化する。

[MONOist]

 ライオンは2020年8月25日、IoT(モノのインターネット)を活用して子どもの自主的な歯磨きを支援する「クリニカKid's はみがきのおけいこ」のテストマーケティングを、アスクルと共同で開始すると発表した。価格は1万2100円で、アスクルのショッピングサイト「LOHACO(ロハコ)」を通じて、同年9月9日から販売を開始する。

キャプション 商品イメージ(スマートフォンは含まれない)(クリックで拡大) 出典:ライオン

 同製品は、「クリニカKid's ハブラシ3〜5才用」に取り付ける専用アタッチメントと、スマートフォン上で使用するアプリで構成する。アタッチメントとアプリを連動させるだけで、加速度センサーにより磨く位置と磨く速度をセンシングし、データを蓄積する。アタッチメントはmicro USBで充電でき、満充電あたりアプリモードで約120回使用できる。

キャプション アタッチメント本体 出典:ライオン
キャプション アプリ画面 出典:ライオン

 上手に磨けたかどうかは点数で評価し、アプリ上で子ども自身が分かるように可視化。また、親が重点的に仕上げみがきをする場所も分かる。アプリには、動物キャラクターが登場する絵本型コンテンツも含まれており、子どもが歯磨きで歯を清潔にする概念を理解し、キャラクターのために歯磨きを上達したいという向上心が育つ仕組みを取り入れている。

 今回のテストマーケティングでは、同アプリを通じて取得する歯磨き行動データと、LOHACOにおける顧客、購買データをデータマーケティング支援サービス「LOHACO InsightDive」内で連携させる。これにより、個々に応じた歯ブラシの交換タイミングやおすすめのオーラルケアグッズなどをアプリ上で紹介する。

キャプション テストマーケティングイメージ(クリックで拡大) 出典:ライオン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.