ニュース
» 2020年09月04日 12時00分 公開

FAメルマガ 編集後記:COVID-19が突き付けた“効率化全盛”時代の終焉

“不確実性”の高い時代で、ある状況に最適化するのがリスクになる可能性もあります。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2020年9月4日発行の「FAメールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

COVID-19が突き付けた“効率化全盛”時代の終焉

 MONOistを運営するアイティメディアでは2020年9月1〜30日の期間、バーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO 2020 秋」を開催しています。まだ開幕からそれほどたっていないにもかかわらず、例年に比べて非常に多くの来場者に参加いただいているようで、来場いただいた方にはあらためて御礼申し上げます。まだ見られていない方はぜひ一度足を運んで(クリックをして?)いただけると幸いです。

≫「ITmedia Virtual EXPO 2020 秋」紹介ページ

 さて、実はその中で筆者もコンテンツに参加させていただきました。「スマートファクトリー EXPO 2020 秋」の基調コンテンツとなる協働ロボット3社鼎談「協働ロボットは工場の“ニューノーマル”へ、その可能性と使い道」でモデレーターをさせていただいたのです。詳細はぜひご覧いただければと思うのですが、3社のお話を伺っていて、個人的に印象に残ったのが「協働ロボットに効率は求めるべきではない」ということです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.