ニュース
» 2020年09月07日 07時00分 公開

FAニュース:IoT化に貢献する新機能追加、機器のデータをクラウドまでシームレスに接続

デンソーウェーブは、データ統合コントローラー、ソフトウェア「IoT DS」の新拡張機能「Cloud Connector for Microsoft Azure」を発表した。デバイスとクラウド間の連携を容易にし、大規模なIoT環境構築に貢献する。

[MONOist]

 デンソーウェーブは2020年9月1日、データ統合コントローラー「IoT Data Server」とデータ統合ソフトウェア「IoT Data Share」の新拡張機能「Cloud Connector for Microsoft Azure」を発売した。価格はオープンとなる。

 新機能により、IoT Data Server、IoT Data Share(IoT DS)がデバイスから収集したデータをプログラムレスで「Microsoft Azure」に公開できる。デバイスとクラウド間の連携を容易にし、簡単かつ安全に大規模なIoT(モノのインターネット)環境構築に貢献する。

 機器のメーカーや通信規格に左右されずにデータを収集できるIoT DSは、「つなぐプラットフォーム」として同社が開発。IoT DSが収集したさまざまな機器のデータを、IoT Central、IoT Hub、IoT EdgeをはじめとしたAzureが提供するサービスと簡単に連携可能になる。500種類を超える機器のデータをクラウドまでシームレスに接続し、大規模なIoT環境の構築をサポートする。

キャプション 「Cloud Connector for Microsoft Azure」のイメージ(クリックで拡大) 出典:デンソーウェーブ

 新機能には、データ連携の設定時間を従来の5分の1に短縮する、Azure専用設定ツールのIoTデバイスリンク機能、Azure専用のアクションを4つ追加したトリガーアクション機能、IoT DSのプロジェクトの状態やバージョン情報をAzureから取得できる状態監視機能が含まれる。

キャプション 設定時間を短縮するIoTデバイスリンク機能(クリックで拡大) 出典:デンソーウェーブ
キャプション Azure専用のアクションを4つ追加したトリガーアクション機能(クリックで拡大) 出典:デンソーウェーブ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.