ニュース
» 2020年09月07日 09時00分 公開

製造IT導入事例:自動車空調メーカーが設計、生産情報をグローバルで一元管理するPLMシステム導入

NECは、同社のPLMソフトウェア「Obbligato」を活用し、設計、生産プロセスをグローバルで一元管理するPLMシステムを、サンデンホールディングスが導入したと発表した。

[MONOist]

 NECは2020年8月19日、サンデンホールディングス(サンデン)が、設計、生産プロセスをグローバルで一元管理するPLMシステムを同月より導入したと発表した。まずは国内拠点で本稼働し、今後順次、海外拠点に展開する。

 サンデンはこれまで、世界各地の拠点にCADデータや部品表などの設計、生産に関わるデータを管理していた。そのため、設計から生産に至るプロセスの効率化や、データの一元管理による在庫の適正化が課題となっていた。

 こうした課題を解決するため、設計、生産プロセスをグローバルに一元管理する新しいPLMシステムの導入を決定。Dassault Systemesの「3DEXPERIENCEプラットフォーム」と、製品ライフサイクル全般の技術情報を一元管理するNECのPLMソフトウェア「Obbligato」を導入し、グローバルPLMシステムを構築した。なお、3DEXPERIENCEプラットフォームとクラウド環境の構築、運用は、アルゴグラフィックスがサポートしている。

キャプション グローバルPLMシステムの概要(クリックで拡大) 出典:NEC

 今回のPLMシステム導入によりサンデンは、世界各地の拠点に管理していたCADデータや部品表などのデータをPLMで集約して管理し、プロセスの全社標準化、設計工数の削減、在庫管理の適正化、調達コストの削減などを図るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.