ニュース
» 2020年09月07日 06時30分 公開

製造ITニュース:図研がNo Magicの元CTOをヘッドハンティング、MBSEへの取り組みを強化

図研は、北米の事業開発責任者として、MBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)関連ツールの大手ベンダーである米国のNo Magicで長年CTOを務めたエンリケ・クライマルニック氏が就任したと発表した。

[朴尚洙,MONOist]

 図研は2020年9月3日、北米の事業開発責任者にエンリケ・クライマルニック(Enrique Krajmalnik)氏が就任したと発表した。

 クライマルニック氏は、航空宇宙業界や自動車業界などで採用が拡大しているMBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)関連ツールの大手ベンダーである米国のNo Magicで長年CTOを務めたことで知られている。また、システムズエンジニアリングの国際組織であるINCOSE(The International Council on Systems Engineering)やOMG(The Object Management Group)などで、幅広い分野への適用・実践やモデリング言語の標準化に取り組み、MBSEの普及に貢献してきた経歴を持つ。

 一方、図研は、同社製ツールが広く浸透する電気電子(E/E)システムの設計開発プロセスにシステムズエンジニアリングを導入すべく事業展開を強化中だ。2019年2月には、MBSEのツールを展開する米国ベンチャーのVitechを買収しており、今回のクライマルニック氏の人事も強化策の一環となる。

 なお、No Magicは2018年6月に製造ITツール大手のダッソー・システムズに買収されている。2017年10月にダッソーが買収を発表する以前のNo Magicは、図研やPLMベンダーのArasなどと連携する体制を構築していた。そういった連携体制をよく知るクライマルニック氏が図研の北米の事業開発責任者となることで、今後の図研のMBSE関連事業の展開が大きく進展する可能性がある。

⇒その他の「製造ITニュース」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.