ニュース
» 2020年09月10日 07時00分 公開

FAニュース:メンテナンスが不要なバッテリーレス表示機能付きRFIDタグ提供開始

凸版印刷は、バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross D 2.9」を開発し、製造業や流通、小売業に向けて提供を開始した。電子ペーパーの活用により、電池交換や充電などのメンテナンスの必要がない。

[MONOist]

 凸版印刷は2020年8月25日、バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross(ニアクロス)D 2.9」を開発し、製造業や流通、小売業に向けて提供を開始した。オープン価格で、2025年までに20億円の売り上げを目指す。

キャプション 左上:「Near cross D 2.9」の表面、左下:裏面、右:コンテナに添付したイメージ(クリックで拡大) 出典:凸版印刷

 Near cross D 2.9は、通信規格ISO/IEC 15693に準拠したHF帯RFIDを使用。既存のリーダーライター1つで読み取りと書き換えができ、当規格に対応したRFIDとともにNear cross D 2.9を運用できる。3秒ほどでリーダーライターから、搭載しているE Ink製電子ペーパーディスプレイ(電子ペーパー)の表示を変更でき、10万回以上の表示変更が可能だ。

 電子ペーパーの書き換えには、RFIDの通信に使用される電力を利用する省電力設計を採用。電力なしで電子ペーパーを表示し続けられ、表示変更に無線通信時の電力を利用するバッテリーレス構造だ。

 電子ペーパーは反射光によって視認されるため、バックライトによる自発光が不要だ。太陽光の下でも視認性が良く、赤色光やカメラなどで認識されるバーコードやQRコードなどの認識率を高くできる。さらに、多言語での表示に対応し、外国人労働者に対する指示や情報伝達が最適に行える。

 Near cross D 2.9単体でも運用可能だが、同社の製造DX支援ソリューション「NAVINECT」と組み合わせて利用できる。これにより、製造工程のデジタル化を推進し、生産性や品質を向上し、作業効率化に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.