ニュース
» 2020年09月10日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:GNSSソリューション開発を目的とするパートナープログラムが本格稼働

ALESは、新たなGNSSソリューションの開発や社会実装を目的として、パートナー企業に技術支援やビジネスマッチングを提供する「ALESパートナープログラム」の本格稼働を開始した。

[MONOist]

 ALESは2020年8月24日、GNSS(Global Navigation Satellite System)領域のビジネス展開を検討する企業が参画する「ALESパートナープログラム」の本格稼働を開始したと発表した。

 ALESパートナープログラムでは、新たなGNSSソリューションの開発や社会への実装を目的として、パートナー企業に技術支援やビジネスマッチングを提供する。

 同プログラムが募集するパートナー企業には、「デバイス開発パートナー」と「コンサルティングパートナー」の2種がある。

 デバイス開発パートナーは、同社が提供する測位の補正情報生成、配信技術を活用して、顧客が必要とする新たなデバイスやアプリケーションを開発する。

 コンサルティングパートナーは、顧客の求めに応じて、システム開発やソリューションの提供、運用、保守などを含めたGNSSソリューション提供に関わるコンサルティングを担う。

 同年8月24日時点でのパートナー企業は、ミツフジ、日立ソリューションズ、サン電子、テクサジャパン、コアの5社。ALESでは、同プログラムのパートナー(会員)専用サイトを同年8月3日に公開している。同サイトはイベントや同社が発信するGNSS関連情報を確認でき、パートナー企業が情報を共有できる場にもなっている。

キャプション 会員専用サイトのイメージ(クリックで拡大) 出典:ALES

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.