ニュース
» 2020年09月11日 13時00分 公開

CADニュース:3次元CAD/CAMシステムの日本語最新版を提供開始

ゼネテックは、3次元CAD/CAMシステムの日本語最新版「Mastercam 2021」の提供を開始した。CADモジュール「Design」を強化し、3次元モデルの作成や修正に関する新機能を搭載している。

[MONOist]

3次元CAD/CAMシステム「Mastercam 2021」の提供開始

 ゼネテックは2020年9月2日、3次元CAD/CAMシステム「Mastercam」の日本語最新版「Mastercam 2021」の提供を開始した。CADモジュール「Design」を強化し、ツールパスの新設定項目や多軸の自動計算機能など、3次元モデルの作成および修正に関する新機能を搭載している。

 Designには、UVパラメーター編集機能を搭載。サーフェスの曲率や線方向を定義するUVパラメーターを編集し、滑らかなツールパスや面間のつながりをスムーズに処理できるようになった。また、Solidカスタム穴作成機能により、複雑な穴形状をパラメトリックに作成できる。3D PDFの書き出しにも対応し、データ共有などファイルでのやりとりができる。

 マシニング用CAMモジュールの「Mill」では、アドバンスドリル機能によって複雑なドリル加工ができる。切削条件は、多段穴や中空穴など、ドリル加工中での変更に対応。3+2自動荒取りでスムーズなオペレーションが可能になったほか、セミオートで位置決め5軸加工の平面座標作成や切削方向を判断し、少ない手数でツールパスを作成できる。

 穴径や穴深さが異なる形状を自動判別する、面取りドリルサイクルも搭載する。平行ツールパスの切削方向最適化を自動化し、加工対象となる形状から自動的に異なる加工角度を割り当て、無駄な接続移動や退避動作を削減する。

「Mill」の機能例 「Mill」の機能例(クリックで拡大) 出典:ゼネテック

 旋盤用CAMモジュールの「Lathe」は、特殊ネジ形状に対応した。バットレス、スクエア、台形など特殊形状ネジのフォームを追加し、より複雑なネジ切りプログラムを作成できる。

「Lathe」の機能例 「Lathe」の機能例 出典:ゼネテック

 他に、工具の到達範囲確認機能やチェイン編集機能、ワークピースを自動生成する境界ボックス機能などを強化している。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.