ニュース
» 2020年09月14日 15時00分 公開

医療機器ニュース:純国産でN95相当の医療用高性能マスクの開発を開始

国立循環器病研究センター、クロスエフェクト、ニプロ、ダイキンは、純国産のN95相当医療用高性能マスクの開発に着手した。まずは少量での国内生産販売の開始を目指す。

[MONOist]

 国立循環器病研究センターは2020年9月2日、純国産で、N95相当の医療用高性能マスクを開発すると発表した。クロスエフェクト、ニプロ、ダイキン工業との共同開発で、まずは年内に少量での国内生産販売の開始を目指す。

 標準的な日本人の顔面形状を基に口元に密着可能な設計とし、長時間の連続装着にも耐え得るように、柔軟性のある素材を使用する。フィルターカートリッジ部分は着脱交換が可能で、本体部分は繰り返し利用できるようにする。

キャプション 製品コンセプト(クリックで拡大) 出典:国立循環器病研究センター

 既に作製している試作品は、産業用の使い捨て式防塵(じん)マスクに対して厚生労働省が定めたDS2規格に準拠した評価試験を実施。米国の国立労働安全衛生研究所が制定した呼吸器防護具の規格基準N95規格に相当する性能を示す結果を得ている。

キャプション 試作品の評価決定(クリックで拡大) 出典:国立循環器病研究センター

 開発チームは、将来的には開発したマスクのN95規格およびDS2規格の認証取得を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.