ニュース
» 2020年09月18日 13時00分 公開

CADニュース:約1000本の配管を60秒で自動ルーティング、大規模プラント向けCADシステム

PlantStreamは、大規模プラントを自動で設計するCADシステム「PlantStream」を発表した。約1000本の配管を60秒で自動ルーティングするなど、高速、高精度の設計が可能で、工期の圧縮やコストの低減に貢献する。

[MONOist]

 PlantStreamは2020年9月7日、大規模プラントを自動で設計するCADシステム「PlantStream(プラントストリーム)」を発表した。実現可能性調査(FS)から詳細設計まで全工程に対応し、プラント業界の設計ワークフローを大幅に効率化する。

熟練エンジニアのノウハウをアルゴリズム化

 PlantStreamは、千代田化工建設とArentが設立したジョイントベンチャー企業。同名のCADシステムは、熟練エンジニアのノウハウをアルゴリズム化することで大規模プラントの自律設計を可能にした。約1000本の配管を60秒で自動ルーティングするなど、高速、高精度の設計ができる。

 各種ユニットやパイプラックなどの要素をドラッグ&ドロップで配置して、3D表示で直感的に確認することが可能。そのため、事前調査や基本設計の前段階で、離隔距離や風向きを考慮したさまざまなケースを妥協することなく検討できるという。

3D表示で直感的な配置操作が可能 3D表示で直感的な配置操作が可能(クリックで拡大) 出典:PlantStream

 約1000本の配管を60秒で自動ルーティングできるだけでなく、パイプラック内の並び順や段数割、流体やつながり先に応じた並びなどを、現場のニーズに合わせて仕上げられる。特に機器周りの配管設計は、施工性や操作性、保守、安全面など多くの配慮が必要になるが、機器やその周辺配管レイアウトのひな型が搭載されているので、要求に沿ってパラメーターを調整するだけで、直感的に3Dモデルが編集できる。

60秒で約1000本の配管を自動ルーティング 60秒で約1000本の配管を自動ルーティング(クリックで拡大) 出典:PlantStream
配管レイアウトのひな型を搭載 配管レイアウトのひな型を搭載(クリックで拡大) 出典:PlantStream

 PlantStreamの導入効果としては、プラントの基本設計業務のうち空間設計にかかる工数の80%程度を削減し、従来の約5倍の速度で3Dモデル作成が可能になる。また、配置計画が3次元でできるので、事前に詳細な検討ができ、見積もり精度も大幅に向上する。工期の圧縮やコストの低減、作業負荷の軽減も可能となり、労働環境の改善につながる。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.