ニュース
» 2020年09月18日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:従来比30%高出力のVCSELモジュール技術を確立

ロームは、従来よりも約30%高出力のVCSELモジュール技術を確立した。短パルス駆動と高出力光源によって、TOFシステムを利用した空間認識および測距システムの高精度化が期待できる。

[MONOist]

 ロームは2020年9月1日、従来よりも約30%高出力のVCSEL(Vertical Cavity Surface Emitting LASER、垂直共振器面発光レーザー)モジュール技術を確立したと発表した。TOF(Time of Flight)システムを利用した空間認識および測距システムの高精度化が期待できる。

キャプション VCSELモジュールの使用イメージ(クリックで拡大) 出典:ローム

 新技術では、これまで別々に実装していた光源部のVCSEL素子と光源駆動部のMOSFET素子を1パッケージにモジュール化している。素子間の配線長を極小化して寄生インダクタンスを低減し、各素子の性能を最大限に引き出すことで、10ナノ秒以内の短パルス駆動と、従来構成比で約30%の出力向上を両立させた。また、実装面積と回路設計負荷の削減にも貢献している。

キャプション レーザー出力比較(クリックで拡大) 出典:ローム

 レーザー光源、TOFセンサー、コントロールICで空間認識および測距システムを構成した場合でも、TOFセンサーへの反射光量が約30%増加し、短パルス駆動は太陽光による外部ノイズの影響も受けにくいことから、TOFシステムの高精度化が期待できる。駆動効率が向上したことで、低消費電力のアプリケーションにも利用できる。

 モバイル機器の顔認識システムや産業機器のAGV(無人搬送ロボット)などの用途を見込み、2021年3月までの製品化を目指す。同時に、車載用LiDARなどに搭載する高出力レーザーの技術開発も進める。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.