ニュース
» 2020年09月23日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:KDDIが柔軟で適応力ある未来社会の創造を目指す次世代社会構想を発表

KDDIとKDDI総合研究所は共同で、生活者の新たなライフスタイルの確立と日本の経済発展、社会的課題の解決を両立する、未来社会の創造を目指す次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」を策定した。

[MONOist]

 KDDIは2020年8月31日、KDDI総合研究所と共同で、生活者の新たなライフスタイルの確立と日本の経済発展、社会的課題の解決を両立する、柔軟で適応力ある未来社会の創造を目指す次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」を策定したと発表した。

 同構想ではまず、ネットワーク、プラットフォーム、ビジネスの3つのレイヤーの環境整備を進める。それらを支えるネットワークやセキュリティなど7分野のテクノロジーと、各分野のテクノロジーを連携させるオーケストレーション技術の研究開発も推進する。

 3レイヤーの環境整備では、まず国際水準の最新テクノロジーを用いた5Gネットワークの早期整備によって、高度で強靭な国内ITCインフラの構築と発展を目指す。また、最先端技術を導入するオープンなプラットフォーム環境を整備することで、生活者への新たな価値の提供や経済メカニズムの創出を目指す。さらに、さまざまなパートナーシップによるオープンイノベーションによってデジタルトランスフォーメーションを推進し、新たなビジネスモデル創出を目指す。

キャプション 3つのレイヤーの環境整備(クリックで拡大) 出典:KDDI

 7分野のテクノロジーおよびオーケストレーション技術の研究開発では、ネットワーク、セキュリティ、IoT(モノのインターネット)、プラットフォーム、AI(人工知能)、XR(VR<仮想現実>、AR<拡張現実>などの仮想空間技術の総称)、ロボティクスの各分野で研究開発を進める。これにより、フィジカル空間とサイバー空間の間における生活者や経済、社会で得られるデータ循環を活性化。生活者が快適で活躍できる持続可能な社会の実現に貢献する。

キャプション 7つのテクノロジーとオーケストレーション 出典:KDDI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.