ニュース
» 2020年09月23日 10時00分 公開

組み込み開発ニュース:外乱光耐性と長寿命を有する組み込み型3D TOFセンサーモジュールを発売

オムロンは、組み込み型3D TOFセンサーモジュール「B5L」シリーズの国内販売を開始した。太陽光下でも安定した測距と長期間の連続駆動が可能で、ロボットや見守り用途の組み込み機器に適する。

[MONOist]
キャプション 組み込み型3D TOFセンサーモジュール「B5L」シリーズ 出典:オムロン

 オムロンは2020年9月1日、組み込み型3D TOF(Time of Flight)センサーモジュール「B5L」シリーズの国内販売を開始し、同年10月1日から海外販売も開始する。太陽光下でも安定した測距と長期間の連続駆動が可能で、組み込み機器に適する。

 光源には、波長940nmの近赤外LEDを使用する。検出距離は0.5〜4.0m、検出解像度は約0.3度、水平検出範囲は87度以上、垂直検出範囲は67度以上、フレームレートは10fpsで、広範囲の人や物との距離をリアルタイム計測できる。解像度は320×240ピクセル(QVGA)、コネクターを含めた外形サイズは108.6×64.3×43.1mmで、重量は約305gだ。

 耐太陽光強度は10万ルクス相当で、光学設計の工夫により、従来のTOFが苦手としていた明るい場所でも飽和することなく安定して検出できる。検出距離2mでの距離精度は±2%で、独自の回路設計と放熱設計により寿命は連続駆動で5年に相当し、組み込み機器に適している。

 また、内蔵の温度補正機能により、設計者の負担を軽減した。最大17台までの相互干渉防止機能を搭載し、自律走行ロボットを同時使用するアプリケーションでも活用できる。

 工場や物流倉庫、公共施設や病院、駅、商業施設において、これまでのカメラや2D LiDARに替わって広範囲の状況を3次元で把握できる。自走式ロボットや物流搬送、監視や介護見守り、自動ドア、エレベーターなどでの利用を見込む。

キャプション 主な用途 出典:オムロン
キャプション 活用イメージ(クリックで拡大) 出典:オムロン

⇒その他の「組み込み開発ニュース」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.