ニュース
» 2020年09月24日 09時00分 公開

製造ITニュース:国内ERPパッケージの市場調査結果と予測発表、2019年は前年比7.0%増

矢野経済研究所は、国内ERPパッケージライセンス市場の調査結果と今後の予測について発表した。2019年のERPパッケージ市場は、前年比7.0%増の1198億3000万円に成長している。

[MONOist]

 矢野経済研究所は2020年9月7日、国内ERPパッケージライセンス市場の調査結果と今後の予測について発表した。2019年のERPパッケージ市場は、前年比7.0%増の1198億3000万円に成長している。

 2018年の伸び率(4.4%増)を上回る市場拡大の背景には、各企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが後押しになったとする。2020年以降は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が懸念されるものの、2020年は前年比3.6%増の1241億6000万円と、依然プラス成長となる見込みだ。

 ネガティブな影響は、2020年下期以降に現れ、2021年は前年比2.7%減の1208億円となる見込みだ。“ウィズコロナ時代”のニューノーマルに対応するため、DXを推進し、ERPを刷新する企業の増加が見込まれ、リーマンショック後のように市場が大幅に落ち込むことはないと予測する。

キャプション ERPパッケージライセンス市場規模推移と予測(クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

 さらに今回、ERPパッケージのクラウド化についても調査を実施した。2019年のERPにおけるクラウド利用率は38.3%にまで拡大し、2021年には63.5%にまで拡大すると予測する。非対面が推奨される中で、経理や人事担当者がテレワーク環境でも利用できることなどから、今後も一層クラウド化が重視されるとしている。

キャプション ERPパッケージのクラウド利用率の推移と予測(クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

≫製造ITニュースのバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.