ニュース
» 2020年09月24日 07時00分 公開

FAニュース:KEYFOBタグを読み取れる取り付け穴22mmのスマートRFIDリーダー

IDECは、取り付け穴22mmのスマートRFIDリーダー「KW2D形」を発売した。欧州で社員証などのICカードや鍵の代わりとして広く使われている、KEYFOBタグを読み取れる。

[MONOist]

 IDECは2020年9月7日、取り付け穴22mmのスマートRFIDリーダー「KW2D形」を発売した。欧州で社員証などのICカードや鍵の代わりとして広く使われている、KEYFOBタグを読み取れる。価格はオープン。

 取り付け穴は22mm、パネル面高さは9mm、奥行きは48.5mmとなる。直径22mmの穴があれば取り付けられ、新製品や新しい設備に加え、既存装置や設備にも利用できる。本体形状は、標準形およびKEYFOBタグを固定できるホルダー形の2機種を展開。KEYFOBタグ5種類(緑、黄、赤、青、黒)およびカードタグ1種類をアクセサリーとして同時発売する。

キャプション 「KW2D形」の標準形(左)とホルダー形(右) 出典:IDEC
キャプション KEYFOBタグ(左)、カードタグ(右) 出典:IDEC

 保護構造はIP65F、IP67Fで、水や油がかかる環境下でも使用できる。FA現場に多い金属パネルへの取り付けにも対応。Ethernetポートを搭載し、プログラマブルコントローラーやプログラマブル表示器などの上位機器と接続がしやすい構造となっている。

 また、視認性が高く、LEDが側面からも見やすい光学設計で、読み取り結果は、光と音で伝える。周波数規格は一般的な13.56MHz帯に対応し、ユーザーが持つ社員証で運用できる。

キャプション 読み取り結果 出典:IDEC

 使用するICカードやKEYFOBタグを容易に登録できる設定ツールでRFIDリーダーに登録した情報と照合でき、照合結果をデータとして上位機器に通信できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.