ニュース
» 2020年10月02日 14時00分 公開

組み込み開発ニュース:AIとロボット制御を同時に学べる小型二輪移動ロボットを発売

菱洋エレクトロは、アールティの小型二輪移動ロボット「Jetson Nano Mouse」の販売を開始した。組み立て済みの製品のため、別売りのメインボードを組み合わせればすぐに動かすことができ、AIとロボット制御技術を同時に学べる。

[MONOist]

 菱洋エレクトロは2020年9月14日、アールティの小型二輪移動ロボット「Jetson Nano Mouse」の販売を開始した。AI(人工知能)関連技術とロボット制御技術を同時に学べる教育用ロボットとして、エンジニアや学生の利用を見込む。

キャプション 小型二輪移動ロボット「Jetson Nano Mouse」 出典:菱洋エレクトロ

 Jetson Nano Mouseは組み立て済みの製品のため、別売りのメインボード「NVIDIA Jetson Nano」を組み合わせれば、すぐに動かすことができる。前方には広角カメラ2台を標準装備しており、NVIDIA Jetson Nanoの画像処理能力を生かして、機械学習や

エッジコンピューティングデバイスの開発に活用できる。

 また、ROS(Robot Operating System)に対応。ロボット制御用のソフトウェアやサンプルプログラム、AI教材などがGitHubで公開されており、障害物回避や人物追跡などの機能が実装可能で、AGV(無人搬送車)の制御や自動運転の試作にも適している。

 4相ステッピングモーターを2個搭載し、プログラム可能なブザーやLED、距離センサーも備える。大きさは150×100×100mmで、バッテリー(リチウムポリマー)を含む重量は860gだ。

 Jetson Nano Mouseは、アールティの「Raspberry Pi Mouse」と互換性があるので、既にRaspberry Pi版を導入している機関や企業もソフトウェア資産を活用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.