ニュース
» 2020年10月05日 09時00分 公開

製造ITニュース:AIの予測根拠と次の行動を自動で提示する金融業務支援サービス

富士通は、AIがスコアリング予測をすることで、さまざまな金融業務を支援する「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz」の提供を開始した。少量のデータで高精度な予測と次に必要な行動を提示する。

[MONOist]

 富士通は2020年9月16日、AI(人工知能)がスコアリング予測をすることで、さまざまな金融業務を支援する「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz(Finplex EnsemBiz:フィンプレックス アンサンビズ)」の提供を開始した。

 Finplex EnsemBizは、富士通研究所が開発したAI技術「Wide Learning」により、少量のデータで高精度な予測と次に必要な行動を提示する。

 同サービスでは、データの網羅的な組み合わせを列挙して分析、予測し、予測結果に強い影響を与えたデータの組み合わせを予測根拠として提示するため、人が理解できて納得しやすい結果を得られる。これにより、従来AI導入の障壁となっていた、AIによる予測や結果の根拠が説明できないという問題を解消する。

キャプション 予測根拠を提示して判断に活用(クリックで拡大) 出典:富士通

 また、次にどのような行動を取るべきかについては、これまでデータサイエンティストが予測結果に基づいて分析していた。同サービスでは、予測に用いるデータに行動の項目を入れ、組み合わせと結果を分析することで、AIが次の行動を自動で複数提案する。

キャプション 複数の行動プランの提案により意思決定をサポート(クリックで拡大) 出典:富士通

 これにより、ビジネス上の意思決定を支援し、分析業務などの負荷を低減する。さらに、専門知識を持っていない人も、GUI操作でデータの事前処理が容易にでき、BIツールを用いて予測結果をグラフ表示することでデータを活用できる。

 予測には全ての組み合わせから選別した有効なデータを用いるため、AI学習用のデータは、数百件と少量で済む。運用を手軽に開始できるだけでなく、新たな分野にもAIを適用可能になる。

キャプション Finplex EnsemBizと一般的なディープラーニングとの比較(クリックで拡大) 出典:富士通

 例えば、営業やマーケティングにおける効率的なアプローチ、ローン審査業務の効率化、不正請求などに広く活用でき、これまで人によって差が出ていた業務上の判断の均質化も図れる。

 同サービスは、オンプレミス型またはSaaS型で提供され、要望に応じて導入支援にも対応する。販売価格は、一例として基本機能とサポート、レベルアップ対応を含む基本ライセンスが月額60万円(税別)から。富士通は、Finplex EnsemBizで2023年度末までに売上10億円を目指す。

≫製造ITニュースバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.